本文へスキップ

世界のFFクラブと市民レベルで交流、ホームステイしでいるクラブです。 

FF大阪のプロフィールprofile




  

フレンドシップフォースとは、1977年に、当時のカーター米国大統領が提唱し、始めた活動です。国際本部は、米国ジョージア州アトランタにあり、交換の相手クラブは本部によって決められます。
現在、世界60ヶ国、 約380のクラブが参加する組織になっています。

 関西では、1983 年、近畿コカ・コーラボトリング株式会社広報部を中心に、ボランティアを加えて、「フレンドシップフォース関西交換委員会」が組織され、初めて渡航しました。
  1995 年からは、『フレンドシップ フォース大阪クラブ TheFriendshipForceofOsaka』と改め、会社の支援を離れ、活動運営は会員代表の12名の委員達が担い、年1回(1週間単位)のホームスティの受け入れや渡航(1週間のホームスティ+観光)の活動を行っています。名前は「大阪クラブ」ですが、会員は大阪府だけでなく、兵庫県、京都府の主婦、会社員、リタイアした方々、教師、学生など多岐に渡っています。会の活動は、全て会員のボランティアによって支えられています。
  これまで交換した相手は、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、シンガポール、タイ、インドネシア、インド、イギリス、ドイツ、ベルギー、オランダ、チェコ、ハンガリ―、ロシアなどの国々です。

  現在、日本国内には、大阪クラブを含め、すでに、25のクラブがあります。

 その目的は、『ホームスティを通して、お互いの国の文化の違いや考え方を理解し、友情を深めて世界の平和に貢献していこう」というものです。ホームスティをする方々は、アンバサダー(民間大使)とよばれます。
 ホームスティの受入に際しては、ホストは無料で寝る場所と食事を提供します。原則として交通費はアンバサダーが持ちます。
1週間の内、京都一日バスツアー、交歓パーティ、大阪ツアー(オプッショナル)をクラブの行事としています。
京都ツアーは京都駅前に集合してからは貸切バスで金閣寺、清水寺、三十三間堂、などを案内、委員やディホストがお世話します。パーティ、大阪ツアーはどなたでも参加できます。ホストをしなくても交流を深める良い機会です

  この会員は、世界中に友達を作ろうという気持ちで、集まっている仲間で、どんな宗教や政治団体とも無関係です。
  また、受け入れや渡航は、その国の人々と友達になるためで、観光や営利が目的の旅行ではありません。

  そのため、ホームスティ中は、個人の責任において行動しなければいけません。 しかし、観光旅行にない、忘れられないすばらしい経験ができること請け合いです。そして、外国に、一生続く友達を持つことになるでしょう。
  英語が上手に話せなくても、片言の英語で大丈夫です。少しでも話をして、理解しようという気持ちさえあれば、相手も一生懸命に理解しようとしてくれます。

  家族で参加できます。保護者と一緒なら、子供も渡航に参加できます。
渡航する場合は、アトランタ本部と相手クラブなどへFeeを支払うことになっています。渡航費には航空券、本部への管理費、事務費、現地での経費も含まれますが、実費のみで、渡航中のホームスティでは、交通費や入場料以外、それほど費用がかかりません。相手クラブも無償のボランティアで受け入れてくれます。現地では相手クラブやホストのプログラムに従って行動します。

 その他の活動としては、親睦の為、年3〜4回の初心者向け英会話教室や京都をもっと知るために町家めぐり、工房めぐり、祭り見物なども計画されています。

フレンドシップ フォースの趣旨に賛同して、新しく大阪クラブの会員になる方は、入会金3000円、年会費は、個人会員000円、家族会員000円を、同封した振込用紙を使って、郵便局の口座に振り込んでください。ただし、初年度は、1000円を割り引きます。

会計年度は、11日から1231日までです。

このページの先頭へ